新型コロナウイルス感染対策ガイドライン

 平素より十四世喜多六平太記念能楽堂をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
 
 当能楽堂は、政府、公益社団法人全国公立文化施設協会などのガイドラインに基づき、感染拡大防止のための対策ガイドラインを定めました。公演再開にあたり、本ガイドラインを遵守することで、お客様に安心して能楽鑑賞を楽しんでいただける環境作りに努めてまいります。
 
 お客様におかれましても、ご自身の感染予防とともに周りのお客様にご配慮いただけますよう、何卒ご協力のほどお願い申し上げます。
 
なお、本ガイドラインの内容は、新型コロナウイルス感染の地域における動向や専門家の意見などを踏まえ、必要に応じて適宜改訂を行うものとさせていただきます。

 

【当館の対応】

◆多くのご来場者の手が触れる場所(テーブル、椅子、手すり、水道蛇口など)は定期的に消毒を実施いたします。また、公演前後、休憩時間には扉解放による換気を実施いたします。

◆館内各所に手指用消毒液を設置いたします。

◆お客様と接するスタッフは、マスク、フェイスガード、手袋を着用させていただくことがございます。また、受付、ラウンジには飛沫防止のアクリル板を設置いたします。

◆運営スタッフ、会場スタッフは手洗いや手指の消毒をこまめに行い、出勤時には検温や健康チェックを行います。発熱、風邪症状、嗅覚異常や味覚障害など、体調に不安のある場合は勤務をいたしません。

◆ご入場、ご退場、休憩時は、できるだけ間隔をあけて密集状態を作らないよう誘導し、混雑緩和に努めます。

◆当面の間、地下事務所では直接的な窓口対応は控えさせていただきます。謡本販売などは、ガラス扉を閉じたまま行わせていただきます。

 

【公演開催について】

◆政府発表の令和2年9月19日以降の「イベント収容率の制限緩和」の通り、能楽を含む、新型コロナウイルス感染のリスクが低いと見られる形態のイベントについて、「現状のガイドラインにて『会場定員の50%』とされていた収容率を緩和し、全席使用も可能(ただしこの措置は令和3年2月末までとし、以降については改めて検討する)となりました。3月以降の公演に関しては、定員100%までの収容を予定しておりますが、今後の政府発表によっては変更となる場合がございます。
◆混雑を避けるため、開場、休憩、終演時間に変更がある場合がございます。お時間には余裕を持ってご来場ください。なお最新情報はホームページにてご確認お願いいたします。

 

【お客様ご入館にあたってのお願い】

  • ◆ご家族やお勤め先、学校など、ご自身の身近に新型コロナウイルス感染症に感染した方、またはその可能性のある方がいらっしゃるお客様、入管法に基づく入国制限の対象となっている地域から日本への入国後14日間経過していないお客様のご来場はお断りいたします。
  • ◆ご入館中は必ずマスクの着用をお願いいたします。
  • ◆会場入り口前で、非接触型体温計にて検温を実施させていただきます。体温が37.5度以上の方、あるいはご体調の悪い方のご入場はお断りさせていただくことがございます。
  • ◆チケットは、スタッフが目視で確認したのち、お客様ご自身で半券を切り離し箱に入れていただきます。
  • ◆手洗い、手指消毒、咳エチケットの徹底をお願いいたします。
  • ◆当面の間、水分補給を除き、飲食はご遠慮くださいますようお願いたします。
  • ◆館内では十分な「社会的距離」をお取りください。
  • ◆ひざかけの貸出しは当面中止とさせていただきます。尚、十分な換気を施すため、客席内の室温が適温にならない場合がございます。寒暖の備えはご自身でご用意ください。
  • ◆当面の間、お客様から出演者へのプレゼント等のお預かりは控えさせていただきます。
  • ◆新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールのご協力をお願いいたします。陽性者と接触した可能性がわかることで検査の受診など、保健所のサポートを早く受けることができます。詳しくは厚生労働省のウェブサイトでご確認ください。

【個人情報提出のご協力について】

  • 当館において、万が一、感染の疑いのある方が発生した場合は保健所など関係機関に情報を提出することがございます。

  • ◆チケットシステム登録などによりお伝えいただいた、お客様の氏名、及び緊急連絡先に、必要に応じて保健所などの公的機関から連絡がある可能性がございます。何卒ご了承のほどお願いいたします。また、ご登録いただいた個人情報は、個人情報保護に関する法律に基づき、公演主催者が保管いたします。
  •  
  • このガイドラインは、新型コロナウイルス感染の地域における動向や政府等の通達などを踏まえ、必要に応じて適宜改訂する場合がございます。何卒よろしくお願い申し上げます。
令和2年12月15日
公益財団法人十四世六平太記念財団理事長  近衞忠大