ブログ

ブログ

昨日は「稽古能」を実施しました。

2020年6月30日

十四世六平太記念財団では能楽の伝承者養成事業として、喜多流職分会と共催で「稽古能」を実施しています。

「稽古能」とは非公開で、次代を担う能楽師に少し難しい課題を与え経験をさせる場です。

昨日は今年度第1回が実施されました。

本来ならば4月にも予定されていたのですが、緊急事態宣言により延期されています。

 

昨日の番組は

 

能「猩々乱」谷友矩

舞囃子「芦刈」狩野祐一

能「富士太鼓」高林昌司

 

それぞれの課題を克服し、成長して行ってほしいものです。

 

写真は「富士太鼓」に使用しました「鳥兜」です。