喜多流について

  • 喜多流について
  • 十四世喜多六平太
  • 喜多流能楽師のご紹介

喜多能楽堂のご案内

  • 施設のご案内
  • 座席・見所
  • 普及活動

公演・チケット情報

  • 公演スケジュール
  • チケット予約

喜多流メールマガジン

喜多ブログ

2021年3月24日

子どもたちの体験教室を開催しました

近くの保育園「キッズガーデン品川上大崎」の年長さんたちが体験教室にやってきました。

https://www.kidsgarden.co.jp/nursery/guide/shinagawakamioosaki/

まずは、喜多流シテ方、佐々木多門氏が能面や舞台についてのおはなし。その後、みんなで背筋を伸ばして「よろしくお願いします」とご挨拶のあと、「お腹から出す声」で短い謡をお稽古しました。

そして多門氏による仕舞『西王母』を鑑賞し、最後にはみんなで新しい白靴下に履き替えて舞台に上がり、すり足を体験しました。

「すり足で舞台を歩くのが気持ちよかった」「ライトがまぶしくておもしろかった」「また来てみたいと思った」などなどの声。

子どもたちは、今月ガーデンを卒業し、この4月から1年生になります。

付き添いいただいた先生によると、コロナ禍で遠足にも行けなかったのでみんな「能楽堂は楽しみ」だったそうで「いい思い出になります」とおっしゃっていました。

満開の桜と能楽堂の前でみんなで記念写真。そして多門先生に習ったお謡をみんなでうたいながら、見えなくなるまで手をふりつつ帰っていきました。

 

 

 

2021年1月29日

オンライン能『船弁慶』がYouTubeにアップされました

オンライン能「『船弁慶』-伝統の英雄 日本文化の波動を東京から世界へ」がYouTubeにアップされました。

2021年1/29~3/31まで期間限定で無料配信中です。

ぜひご覧ください。

https://www.artscouncil-tokyo.jp/uploads/2021/01/2020_press_dento-online-noh_210112.pdf

2020年12月10日

当財団が品川区と連携協定を結びました

喜多能楽堂を運営する公益財団法人十四世六平太記念財団は、令和2年12月8日(火)に品川区と文化芸術に関する連携協定の調印式を行いました。

約十年前より当財団と品川区は「品川薪能」をはじめ、区内小中学校の子どもたちやシルバー世代、障害者、外国人の方たちなどを対象に、地元品川区の皆様に親しんでいただく取り組みに力を入れてきました。この度その成果を評価いただき、さらなる連携を強化することを目的に、連携協定を締結することとなりました。

協定締結にあたり、濱野健品川区長は「自身も決して古典芸能の心得があるわけではありませんが、この舞台に上がらせていただき日本の心を感じます。区として、日本の伝統芸能に関しても協力していきたい」と話し、当財団の近衞忠大理事長は喜多能楽堂の歴史を紹介し「区と連携させていただくことを光栄に思います。伝統文化は日本のブランドイメージにも寄与していて、この協定は未来に向けて歩んでいく大きな一歩になります」とこれからの期待を語りました。

調印締結後、記念公演としてシテ方喜多流、友枝昭世氏(喜多流宗家預かり・人間国宝)による仕舞「羽衣」が披露され、続いてシテ方喜多流、長島茂氏ほかによる半能「高砂」が演じられ、式典に招待された品川区議会議員や区政関係、また地元町内会の方々が鑑賞されました。

※品川区のホームページでも紹介されています。→https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/shinagawaphotonews/shinagawaphotonews-2020/20201208174142.html